【Excel関数】IF文(もしも~ならば~)を使用してセル内で条件分岐を行う方法

Excel関数

Excelで絶対に覚えておきたい、今後プログラミングを行うなら尚更覚えておきたいIF文での条件分岐の紹介をします。(とても簡単です)

スポンサーリンク

使用する関数

=IF(論理式, 真の場合, 偽の場合)
IF文を使用することで、「もしも~ならば~する」を実現することが出来ます。
IF文を使いこなすことで、今後の関数で出来ることの幅がかなり広がります。
IF:もしも~ならば~する

使用例(基本編)

もしもセルの値が~ならば~と入力したい場合(数字)

例)A1が0より大きい値だった場合、「0より大きい」と入力して、0より小さい場合、「0より小さい」と入力する
=IF(A1>0,”0より大きい”,”0より小さい”)

もしもセルの値が~ならば~と入力したい場合(文字)

例)A1が男だった場合、「女ではない」と入力して、女だった場合、「男ではない」と入力する
=IF(A1=”男”,”女ではない”,”男ではない”)

文字列を入れる場合は「”」(ダブルコーテーション)で括る
ダブルコーテーションで括ることにより、「括っている部分は文字です」とExcelに伝えています。

使用例(応用編)

論理式部分に関数を入れたい場合
=IF(論理式, 真の場合, 偽の場合)
例)もしもA1からA3までの合計値が100以上だった場合、「100以上」と入力して、合計値が100未満の場合「100未満」と入力する
=IF(SUM(A1:A3)>=100,”100以上”,”100未満”)
例)もしもA1からA3とB1からB3までの平均値が100未満だった場合、「100未満」と入力して、平均値が100以上だった場合「100以上」と入力する
=IF(AVERAGE(A1:A3,B1:B3)<100,”100未満”,”100以上”)

使用できる不等号

使用例を見ていただければ気づいた方もいるかと思いますが、「>=」や「<」って何!?と思われるかと思いますが、いわゆる不等号と呼ばれるものになります。
不等号とは「前の値」と「後の値」を比較するときに使用する記号で、皆さん馴染みのある「=」(イコール)も不等号の一種になります。
不等号読み方意味
イコール一致
大なり左にくる値の方が右より大きい
小なり左にくる値の方が右より小さい
>=大なりイコール左にくる値が右以上
<=小なりイコール左にくる値が右以下
<>一致しない

<>に関して読み方聞いたことないような気がします…

これらの不等号を使用することが出来ますので、覚えておいて損はないです!!

 

コメント