【Excel関数】SUM関数を使用して合計を求める方法、+を使用するのは効率悪いので止めましょう

Excel関数

指定した数値、指定した範囲の合計(足し算、加算)を求めるために使用する関数を紹介します。

スポンサーリンク

使用する関数

=SUM(数値1,[数値2], …)
SUM関数を使用することで、指定した範囲の合計や指定したセルの足し算をすることが出来ます。

使用例

範囲による合計を求めたい場合

例)A1~A3までの数字の合計を求める(A1+A2+A3)
=SUM(A1:A3)

指定したセルの合計を求めたい場合

例)A1とA3の数字の合計を求める(A1+A3)
=SUM(A1,A3)
複数の指定した範囲の合計を求めたい場合
例)A1~A3までの数字とB1~B3までの数字の合計を求める(A1+A2+A3+B1+B2+B3)
=SUM(A1:A3,B1:A3)
sum
「:」を使用すると範囲を指定(~から~まで)
「,」を使用するとセルを指定(~と~)

別のやり方

=数値1+[数値2]+ …
足し算するセルの数が増えるととてもめんどくさい…
なので、おすすめはしません。

コメント