ジャグラー依存症を克服のための6つの方法

その他

私もジャグラーにハマっている時期があり、お金を溝に捨てている時期がありました。
「今日は当たるだろう」、「次は当たる気がする」などと期待を膨らませて、終わったころには後悔をしていることがよくありました。「あの時、行かなかったらそのお金で美味しい物が食べれた!!」など思います。
お金、時間、心の無駄遣いをしています。

スポンサーリンク

ジャグラーについて簡単に

BIGボーナスが当たったとしても300枚弱しかもらえません。
REGボーナスだと100枚弱しかもらえません。(REGボーナスは結果的にマイナスになります。)
BIGボーナスorREGボーナスを当てるために200回回すと大体6000円かかります。

ジャグラーで勝つには、高設定の台を選び、「連チャン」するしかないのです。
連チャンとは、ボーナス後100ゲーム以内にボーナスを当てることです。

連チャンはもちろん多々ありますが、ジャグラーは「絶対確立」です。
絶対確立である限り、何回回そうが常に1/140(高設定台)で抽選を行っています。
140回を回すのに大体4000~5000円かかります。

勝てるわけがありません。
一時勝つことができてもトータルでは、100%負けます。

何故負けると分かっていながら、辞められないのか!?

一番の原因は、間違いなくこいつです↓↓

「ん??こいつ!?」って思う人はいなく、「そう!こいつ!!」って思う人の方が多いのではないかと思います。こいつの正体は、「ボーナス確定」の合図です。

大きな音とともに急に現れる”GOGOCHANCE”のランプ点灯に、「ドキッ」として、心の中で「よっしゃー!」と思い、なかなか当たらない焦りとかを一気に解放してくれる瞬間です。

このGOGOCHANCE(通称ぺかる)が一番依存性が高いんです。
ぺかりを見たいがために、ジャグラーをやってる人も多いのではないかと思います。
おそらく、未経験の人でも2回ジャグラーをやれば、この気持ちが分かるようになるかと思います。

辞めるためにはどうすればいいのか!?

私が辞めた時の実施した方法などを紹介します。
人それぞれ辞める方法に向き不向きがあるかと思いますが、自分に合った辞め方を見つけていただければと思います。

1.再起不能になるまで負ける(普段1万円負けたら絶望している方は3万円ぐらいまで負けてください)

軽い絶望は寝たりすると忘れてしまいます。「次勝てばいいや」って思ってしますので、次勝っても取り戻せない金額を負けてください。

2.長時間同じ台で回し続けてください(再起不能が嫌な方向け)

長時間同じ台で回し続けたら、結果的にマイナス(高設定でも)になるかと思います。そして、長時間かけたのにマイナスになり、「何やってんだろ」、「もっと時間を有意義に使えることがあるのでは?」と思うようになります。

3.周りの絶望している人を見てください。

結構絶望している人がいっぱいいます。八つ当たりで力いっぱいボタンを押している人や、タバコの吸い殻を散らかしている人がいます。傍から見ていて恥ずかしいです。

4.お財布には、クレジットカードなどを入れ、お札は持たないようにしてください。(1000円だけなど)

もし、行ってしまったとき対策です。できれば、新しい銀行カードだけを持ち歩き、銀行には3~5000円ぐらい(1回の飲み会代)だけにするとかなり効果あります。お金を引き出す手段をなくしてください。

5.ぺかりが見たくてジャグラーをやっている方は、20円スロットではなく1円や5円スロットorゲーセンにあるスロットで楽しんでください。

1回100円のゲーセンでも当たらなければ悔しくなります。ゲーセンでどれだけ当たらないかを学んでください。「20円スロットは高い」と思えるぐらいまで楽しんでください。

6.スロットを行く前に、3000円(負けた時の額)があれば何ができるか考えてください。

負けるときは一瞬でも、「3000円で何ができるのか」を考えてみると、美味しい物が食べれたり(叙々苑のランチなど)、1回行こうと思う度3000円でも貯金箱に入れて貯金すると10回我慢すると豪遊できます。

 

6つ紹介をしましたが、私の経験を含め全てやって頂ければ、辞めることに近づけるのではないかと思います。

まとめ

パチンコ・スロットをやっている異性を好む人はいないです。
辞めることで、心もお財布も豊かになりますし、時間も増えます。
増えた時間で新しいことにチャレンジしてみてください。
辞めて良かったと思えるはずです。

 

私もきっぱり辞めることが出来ましたので、あなたもできるはずです!!

 

コメント